LANGUAGE
  • トップ
  • LOGLYブログ
  • 【就活生向けFAQ】就活生が気になる質問を歴代新卒社員たちに聞いてみた(前編)

LOGLY more!

ログリーのことを、もっと。ログリーとつながるメディア

【就活生向けFAQ】就活生が気になる質問を歴代新卒社員たちに聞いてみた(前編)

2022年1月26日
武市亜子
COLUMN

みなさん、こんにちは!lift事業部の武市です。
新卒入社から早10ヶ月経ちました。最近では、22卒内定者とのオンラインランチなども行っており、後輩の入社があと数ヶ月というワクワク感とともに時が過ぎる早さを感じています…!

さて、ログリーは18卒から新卒採用を行っていますが、今回は18卒〜21卒までの歴代新卒メンバー12名にアンケートを行いました!
質問内容は、実際に22卒内定者から聞かれた質問や、私自身が新卒採用インターンを経験した中で就活生からよく聞かれた質問を中心としています。
就活当時のお話から、ログリー入社後〜現在までのリアルな声を前編・後編に分けてお伝えしていきます。 
ベンチャー志望の就活生や、ログリーに在籍する若手メンバーの雰囲気が気になる方の参考になりましたら幸いです!

ログリー18卒〜21卒までに聞いてみた5つの質問?
1.学生時代は何について学んでいましたか?
2.就活時代にやっておいた方が良いことはありますか?
3.就活当時の【就活軸】を教えてください!
4.ログリーへの入社の決め手はなんですか?
5.就業後や休日はどのように過ごしていますか?


1.学生時代は何について学んでいましたか?

経済学について勉強していました。

メディア(テレビ、新聞、雑誌)や広告関連について学んでいました。

国際コミュニケーション学科にて、中東の女性について研究していました。

教育学や哲学を中心に学び、日本語教員課程を取得しました。

経営情報学科に所属し、インターネット広告のビジネスモデル向上を目的として、ユーザの属性行動を基に広告を表示させるにあたっての応用技術を研究していました。

チンパンジーとヒトにおけるpiRNA発現の差異を研究していました。

コンピュータサイエンスとヒューマンコンピュータインタラクション領域を中心に学んでいました。

情報工学科に所属して、実数値の時系列データからパターンを見つける研究をしていました。

情報学部にて、ウェブの怪しい情報に対してユーザーの警戒心を高めさせる研究をしていました。


その他にも、理学部で化学を専攻していたエンジニアメンバーや、心理系出身の営業メンバーもいました。営業メンバーもエンジニアメンバーも、学生時代からインターネット広告を専門的に学んでいたメンバーは少数派で、中途入社の社員も含めて業界未経験メンバーの方が多かったです。分からないことを知ろうとする好奇心や学びへの意欲が共通点として挙げられます!


2.就活時代にやっておいた方が良いことはありますか?

自分が何をしたくないか知ること。また、実際にいくらの給料があれば、どの程度の生活ができるのかを把握しておくことで、社会人としての“生活”をイメージできると思います。

学外での様々な経験を行うこと。学内は同じ環境で育った人が多いため、意識的にコミュニティと全く異なる人達と積極的に関わってみると、新たな発見があるかもしれません!

ポートフォリオを充実させる、に尽きると思います。また、職種問わず、アルバイトなどの学生時代の経験を”客観的に評価”できるように、経験の振り返りや言語化する練習も有効だと思います!

希望業界や企業の仕事を、身近に感じるようにすると良いと思います。例えばログリーではインターネット広告を取り扱っているので、普段見ているウェブサイトの中で「広告」を意識してみることで、ユーザー目線で仕事を捉えられるようになります。

善良な社会人の方とたくさん話す機会を増やすことです。私の場合、学生時代に経験したライターと営業のインターンが今の自分の財産になっていると感じています。

Web開発のアルバイトなどで実践経験を積んでおくと、エンジニアとして働くイメージがしやすいです。

「〜したい」というWantの軸だけではなく、「〜はしない」のDon’tの軸を設定しておくこと。


「人とコミュニケーションをとる」ことを中心に、多様な価値観に触れることが多く挙げられていました。また、「何をしたくないか」という逆軸を定めておくことによって、判断基準を明確化し、決断する材料を増やすことは、学生時代には意外と見落としがちですので、ぜひ一度、逆軸についても考えてみてください。


3.就活当時の【就活軸】を教えてください!

「ウェブ広告業界」の「ミドルベンチャー(社員数100人前後)」において、さらに「新規事業への異動のチャンスがある環境」を求めていました。

「何をするかよりも誰とするか」を中心に就活を行っていました。

「自分がその事業にワクワクするか」「会社が魅力的かどうか」「業務内容が今後の自分のやりたいことに生かせる内容か」です。ファーストキャリアを選択する上で、その事業が今後に活かせるかはかなり意識していました。また、入社前に人軸で判断するのは不安だったため、会社・事業・業務内容を中心にして考えていました。

業界というよりも、エンジニアとしてデータに触れることができるかという「業務内容」を優先していました。

「自分のやりたいことはできるか」、「チャレンジできる環境はあるか」を軸として就活を行っていました。


意識的に人軸を入れないように工夫しているメンバーと、圧倒的に人軸で就活していたメンバーがいることが興味深いですね。
また、挑戦や変化、成長を求める軸も多く挙げられていました。私自身も同様の軸を持っていましたが、「自己成長」と「会社の成長」がどのようにリンクするのかという点が、ベンチャー就活の際に大きなポイントになるかと思います。自己分析や就活軸を見直す際には、ぜひこの視点も取り入れてみてください!


4.ログリーへの入社の決め手はなんですか?

インターンを通して覚えた社内の肌感です。インターン当時は全員毎日出社だったため、雰囲気がよく分かりました。

業務内容に興味を持ったことと、広告に対する問題意識に共感しました。

「正しい情報を必要としている人に届けたい」という会社の考え方に共感したことです。会社のやろうとしていること×自分のやりたいことが一致していると感じたため、入社を決めました。

自分のやりたいことができる環境が整っていたことと、先輩社員の人柄が非常に魅力的であったことが最終的な決め手に繋がりました。

最終面接にて、吉永社長に自分のビジョンを話した際に、「ビジョンを叶えるためのステップアップを応援する。ログリーのノウハウを全部吸収して、様々な業界で活躍できる人材になってほしい」という言葉をいただきました。社長が社員の人生をしっかり考えている姿勢を感じ、「ここで働きたい」と決心しました。

会社の雰囲気や組織の規模感、仕事の範囲の広さといった魅力に惹かれました。


会社の考え方や事業への共感と社員の人柄の良さを挙げるメンバーが多かったです。現在ログリーでは、主軸のインターネット広告事業に加えて、新規事業にも積極的に取り組んでいるため、新しいことに積極的に挑戦する組織の在り方に多くの若手が魅力を感じていることが分かります。


5.就業後や休日はどのように過ごしていますか?

ジムに行ったり、ゲームをしたりしています。在宅ワーク中心の生活により運動する機会も減ったため、ジムに通い始めました!

習い事に通っています。ダンスで体を動かして、リフレッシュしています。

時事のニュースをたくさん拾うようにしています。ニュースサイトを購読したり、YouTubeのニュースのライブ配信などを倍速で垂れ流しています。

映画を見たり、YouTubeを見ていることが多いです。最近はリモートで体を動かす機会も減ったので、運動とリフレッシュも兼ねてストレッチをよくしています。

ひたすら寝ます!そして気の済むまでゲーム三昧(笑)

土日は基本的に競馬ですが、最近は桃鉄にハマっています。平日夜はジムか即寝していますが、頑張った日は晩酌をします!

平日夜に予定を入れることは少なく、読書やゲームを少しして早めに寝ます。


在宅ワーク中心のため、健康のためにジムや習い事、ストレッチなどを習慣化しているメンバーが多く、驚きました…(笑)
また、ログリーにはゲーマーも多く、ゲーム好きが集まるSlackチャンネルなどもあります。ゲームの社内大会なども夜な夜な不定期で開かれています。


編集後記

まずは、アンケートにご協力くださった新卒メンバーの皆さん、本当にありがとうございました!
任意のアンケートにもかかわらず、「未来の後輩の役に立てたら…」と全ての代(18~21卒)が回答してくださっていることがまさにログリーの魅力だと感じました。
また、今回のブログ執筆を通して、人生において「やろうか迷ったこと」は全部やった方が良いと、改めて感じています。挑戦した先にある“経験”から何を学びを得るかは自分次第であるため、無駄な挑戦などは一切ないと信じています。
これを見てくださった皆さまが、自分で考え抜いた先にある未来への〈納得感〉を手に入れることを心より応援しています!

著者紹介
武市亜子
武市亜子
ゲームと自然が大好きな21新卒。 最近はあつ森再熱中で、ブロッコリー(島民)を溺愛しながら夜な夜な島を開拓しています。