LANGUAGE
  • トップ
  • LOGLYブログ
  • 新卒ロープレの悩み、解決しました。ベンチャー新卒2年目のリアルを公開!

LOGLY more!

ログリーのことを、もっと。ログリーとつながるメディア

新卒ロープレの悩み、解決しました。ベンチャー新卒2年目のリアルを公開!

2021年8月25日
武市亜子
INTERVIEW

みなさん、こんにちは!プロダクト企画部の武市です。
今年の春にログリーへ入社し、新卒研修を経て、本配属から早3ヶ月が経ちました。

ログリーでは、本配属後の研修で、新入社員が先輩社員に模擬営業をする「ロープレ1」を実施しています。
今回は、このロープレの際に使用する、若手メンバーの業務理解度を上げるためのマニュアルを作成された、新卒2年目の森田さんへロープレマニュアル作成秘話をインタビューしてきました!

ログリーの若手メンバーの雰囲気やベンチャー新卒2年目の姿が気になる方、どのように会社へ貢献すればいいか悩んでいる若手社員の方のお役に立てれば幸いです。

インタビューされる人

森田 茜
lift事業部 マーケティング・ソリューショングループ メディアコンサルタント

競馬とお酒とお風呂をこよなく愛する、 ログリー新卒2年目。痩せたいのに深夜にピザを頼むタイプです。


インタビューする人

武市 亜子
プロダクト企画部 メディアプロダクトグループ 営業職

ゲームと自然とお布団をこよなく愛する、ログリー新卒1年目。社内ではまだ数少ないクラロワの民。


新卒1年目が新卒2年目に聞く、コロナ禍入社の本音

本日はどうぞよろしくお願いいたします!森田さんには内定者インターンをしていた頃からお世話になっておりました!出会った時から、いつも笑っていらっしゃるイメージがあります!

出社日が重なった日には、真夏に熱々の韓国料理を食べに行ったりしましたね!チームメンバーのおかげでありがたいことに毎日本当に楽しいんですよ(笑)

おお、いいですね!20卒の先輩方は、何が何だか分からないままリモート中心の生活へと移り変わった激動の時期を内定者〜社会人1年目で迎えられた印象ですが、何か不安なことはなかったのですか?

うーん…正直、入社前から不安なことというのは特にありませんでした(笑)不安よりもワクワクが常に大きかったです!

その背景に何かあったりするんでしょうか?

内定者期間からメンターさんにサポートしていただいたり、懇親会や忘年会など定期的に同期や既存メンバーとコミュニケーションをとる機会を設けていただいたことが安心に繋がっていましたね。


内定者時代に参加した忘年会を思い出し笑いしている森田さん

忘年会参加時に、とても面白い社員さんがいらっしゃって。それが後の1年目のメンターでありました(笑)

それはもはや運命ですね(笑)

配属当時は、リーダーの松田さんメンターの山田さんと3人チームだったのですが、このチームが嘘偽りなくとっても好きです。仕事のこともプライベートのことも含め、アドバイスを求めたら真摯に相談にのってくださり、説明責任をしっかり果たしてくれるメンバーたちです!


ロープレマニュアル作成のきっかけは、“新卒”だからこその悩み

入社前の不安は特になかったとのことですが、入社後に何か悩んだことはなかったのでしょうか?

これは、ロープレマニュアル作成のきっかけにもなったのですが、新しい環境で新しいことをはじめる上でぶつかった壁はありましたよ!

ロープレマニュアル作成のきっかけになったこと…教えてください!

ログリーの新卒研修は、入社1ヶ月間は人事管轄で社会人としてのマナーを学び、その後本配属をされて、配属部署での研修が始まります。

はい、私もその流れでした。

配属後の研修で、初めてぶつかった壁が「ロープレ」でした。当時は、ロープレのための材料が営業資料しかなく、先輩の逆ロープレ2を録音して全て文字に起こして、わかりやすい表現を抜き取ったり、重要なポイントを抑えたりしていました。

全て文字起こし?!

文字起こしも大変でしたが(笑)、それ以上に先輩社員はすでにそれぞれの強みを生かした独自の営業スタイルを確立されているため、それぞれの営業手法や知識によって、アドバイスが異なってくるという問題がありました。

誰の意見を参考にしたらいいかわからなくなってしまうやつですね…

そうですね。どれも不正解ではないけれど、鵜呑みにしてしまうことで、最初から特定の先輩社員のカラーに染まってしまうことにも違和感があり…

真っ白な新卒だからこその悩みですね。


実際のロープレマニュアルを見ながらお話ししてくださりました!

そのため、全員共通認識のスタンダートとしてロープレマニュアルを作成することで、今後新たに入社される方々にとっての知識の土台作りや、自分の営業カラーを出すサポートができるのではないかと思い、新卒1年目の10月頃から作成しはじめました。


〜当時のメンターに話を聞いてみた〜

森田さんはリモート環境下で初の新卒ということでかなり大変なところもあったと思いますが、安定の吸収力と順応力で爆速で独り立ちをしたのが記憶に新しいです。前例がない中、試行錯誤して、自分なりのスタイルを確立してくれました。

さすが「新しいことにワクワクする」とおっしゃっていた森田さん!一番近くで見守っていた山田さんから見ても、知識を吸収して自分のものにしていく成長スピードがとても早かったのですね!


キーワードは「新卒社員“目線” × 先輩社員“知識”」

ロープレマニュアル作成時に一番印象に残っていることは、当時の榎並副部長にサービス資料でのポイントを1から教えてもらったことですかね。

榎並副部長は私の今の直属の上司ですが、指導の丁寧さが魅力ですよね!

はい、すでにロープレ合格して独り立ちしていた時期ではあったものの、「あ、ここはもっとお客さんに伝えるべき重要なポイントだったんだ!」というような発見がたくさんありました。

新卒の疑問と先輩社員の知識を上手く組み合わせられたんですね。

元々は15~20分程度だったミーティングを、1時間以上延長してもらった記憶があります(笑)


〜当時の上長に話を聞いてみた〜

森田さんが率先して「若手目線」を共有・改善のために動いてくださって、とても助かりました!僕は、今春から新部署へ異動していますが、実は森田さんのロープレマニュアルを参考にしながら、別プロダクトバージョンでもマニュアルを作成しました!

私が使用したあのマニュアルも森田さんマニュアルからの踏襲だったのですね…!新卒の“気づき”が、会社全体の教育制度に浸透していっているのですね。


実際のロープレマニュアル

森田さんの「ないから諦める」ではなくて「ないなら作る」という精神が改めてかっこいいですね。

元々「誰かの役に立つ」ことが好きなので、これから入社される方々のお役に立てればなと思いながら、楽しんで作成していましたよ!


ロープレ研修はリレーの如し、マニュアルは次の世代に繋げるバトン

森田さんのチームには新たに私の同期でもある21新卒が配属されていますが、ロープレマニュアルは活用されていますか?

はい!実際に活用しています。また当時の私では気づかなかったポイントを後輩が指摘してくれて、ロープレマニュアルがさらにアップデートされていっています。

新入社員が入るたびにアップデートされていく、なんだか先輩から後輩へのバトンのようで素敵ですね。

今後もリレーのように人とともに受け継いで、それぞれの吸収力アップや新卒文化の醸成に貢献していければと考えています!

お話しいただきありがとうございました!私も森田さんの背中を追いかけていきます!


〜新卒時のメンターであり、チームメンバーである山田さんからのコメント〜

当時は、頼りないメンターで申し訳なかったですが、1年間メンターメンティーとしてありがとうございました!今では、さっそく後輩ができ「先輩森田さん」してますが、森田さんの先輩力は社内でも随一だと感じています。そんな森田さんの姿を見て安心するどころか、持ち前の優しさ、丁寧さや傾聴力に「自分がメンターの時、もっとこうすべきだったな」と、こちらが学ばされてばかりいます。経験や知識に自信をつけた今、能動的に躍動する森田さんは最強だと思っていますので、今後の更なる活躍を楽しみにしています!


Special Thanks!

榎並 敬寛
プロダクト企画部 メディアプロダクトグループ 副部長

在宅勤務時、常に窓辺で仕事をしていたら西陽でかなり日焼けしました。夜な夜なCoDをしています。(社内4位)

山田 俊太郎
lift事業部 マーケティングソリューショングループ メディアコンサルタント

いつの間にかボヘミアンスタイルになっておりますが、ちょっと前まではカリメロ期でした。最近、社内CoD大会を主催しました。(社内2位)


編集後記

インタビューにご協力くださった森田さん、本当にありがとうございました!
私が配属後に使用していたロープレマニュアルも、元々は森田さんが作り上げてくれたものだと知り、驚くとともに、このようにして新卒文化が醸成されていくんだと実感しました。
自分の悩みや疑問からチーム・会社全体のナレッジ蓄積・整理に貢献している新卒の先輩の姿は、とてもかっこいいです!
私も次の世代に知識と想いを繋いでいけるよう、「1年目」の目線を大切に日々精進していきます。

Footnotes

  1. 新入社員が先輩社員に対して、模擬営業を行うこと
  2. 先輩社員が新入社員に対して、模擬営業を行うこと
著者紹介
武市亜子
武市亜子
ゲームと自然が大好きな21新卒。 最近はあつ森再熱中で、ブロッコリー(島民)を溺愛しながら夜な夜な島を開拓しています。