NTTデータと共同で潜在顧客ターゲティングモデルを開発

 ログリー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:吉永浩和、以下ログリー)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本敏男、以下NTTデータ)と潜在顧客ターゲティングモデルを共同開発し、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に実装、サービス提供を開始しました。

 近年、デジタルマーケティングの領域においては、DMPに代表されるツール類の普及によってさまざまなデータの蓄積が可能となり、精緻なターゲティングモデルの設計・構築が可能となっています。その一方で、蓄積されるデータ量が極めて膨大なものとなり、どのようにデータを選別し、分析・活用すべきかの指針を得ることも難しくなってきております。 

 また、企業内のマーケティング担当者には、これまで以上に高水準の知見と判断が求められており、「新規顧客の獲得」というマーケティング課題解決のために取り組むDMP施策等が、かえって複雑性を増すような状況となるケースも多く見受けられます。

 今回、ログリーは「システム開発力」「データ分析活用力」に強みを持つNTTデータと連携し、ログリーが保有する70億件超の日本語文脈解析データとオーディエンス情報を元に、潜在顧客獲得のターゲティング精度向上技術を共同開発しました。

image

 

 同技術の採用により、膨大なデータから必要となる部分を自動分類・抽出し、精度の高い潜在顧客獲得のためのモデリングが可能となりました。同モデルは、ログリーが提供するネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」に実装されております。ログリーは、NTTデータが提供するデータドリブンマーケティング総合支援ソリューション「BizXaaS BA for マーケティング」において、潜在顧客ターゲティングモデルの活用を推進し、同社と共同で顧客企業のマーケティング支援を行ないます。

 ログリーは今後も、デジタルマーケティング領域において顧客企業のマーケティングにおける課題解決のため、さまざまな切り口で製品を研究・開発し、提供してまいります。

logly, Inc. © Copyright, All Rights Reserved